まんだら堂異聞

f:id:yaharikazu:20170604213914j:plain

 

家から少し歩いて鎌倉名越山の山道を分け入ると、

まんだら堂やぐら群という中世の墓地がある。

保存状態の都合で限定公開となっている間に、

先日、ひさびさに訪れてみた。

 

やぐらとは、中世に作られた、横穴式の墓地のことで、

その当時に高位だった、武士や僧侶、商人などを埋葬している。

 

また、「まんだら堂」という名前がついているのだが、

「まんだら堂やぐら群」には、お堂はない。

そこにあるのは1000年近くの間、

雨風に晒され、草木に浸食され、

今はすっかり自然と同化して立ち並んでいる、

たくさんの石造りの五輪塔だけだ。

ここはいつもひと気がなく、自然の音しか聞こえない。

そして妙に明るい。

この山中のぽっかり空いた空間で、

たくさんの石と向き合っているといつも、

うつし鏡の世界に入りこんだみたいに、

生と死の世界がくるっと反転するのを感じる。

あちらからすれば、

こちらのいる世界はあの世みたいに、

人も草木も、

幽霊みたいにぼんやり透けて見えているのかな、

とも思ってみたりする。

石はなにも語らない。

 

高校生の時にはじめて、

このやぐら群と向き合ったときのことを覚えている。

夏の陽ざしが緑草を照らし、

その陰でひっそりとたたずむ石たちの静謐な世界と、

一切のひと気の無さとが相まって、

時間の流れに置いてけぼりをくらったような心地になった。

怖がりだったので、

すでに自分は現世から切り離されていて、

もう戻ってこられないのではないか、

と一人でヒヤヒヤしていた。

やぐら群に背を向けると、

片目の見えなくなった野良猫が、

足にすり寄ってきて、「なあ」と呼びかけてきた。

 

まんだら堂の無機質な石のたたずまいを見るたびに、

奈良の明日香村で見た、石舞台古墳の景色を思い出す。

飛鳥駅からバスで少し走ったところにある古代の墓だ。

誰の墓かは公式では明らかではないが、

中学の教科書にも出てくる、

蘇我氏の墓という説が有力らしい。

そんな有名な豪族の墓にもかかわらず、

名前がないのは、

蘇我氏大化の改新で敗れたからだ。

それによって蘇我氏は歴史の敵側にまわらされた。

現場の墓には、ピラミッドのような、

生前の蘇我氏の権威を誇示する派手さはなく、

広場の真んなかに巨石がずしりと積みあがっていた。

ただ無機質に、

空間のなかで石が寡黙に存在していた。

名前のない墓としてである。

蘇我氏が権力闘争に敗れ、

仕打ちを受けて歴史から消され、一方の勝者は、

天皇家として現代まで血をつないでいると思うと、

つくづく歴史は勝者が作るものだと感じる。

史跡には常に暗い影がつきまとう。

世界最古の木造建築物といわれる法隆寺の歴史も、

政争で血に染まっている。

古都といわれる鎌倉でも、

開発で土を掘りさげると、

底から無名の人骨がわんさかと出てくるそうだ。

芭蕉が、この世の無常さをうたった俳句を思い出す。

「夏草や つわものどもが 夢の跡」。

 

ただ、人としてもっとも過去にあふれているのは、

ときの権力者や兵、

まんだら堂に埋葬されるような高位な人ではなく、

権力闘争や高位から離れて、

毎日生活をしながら、年月を過ごし、

その時を迎えて、

亡くなっていった無名の人たちだろう。

鎌倉の地底に埋まっている、

たくさんの人骨の大半はそういった人のものだろう。

かれらもまた、歴史には残らず、

その小さな小さな世界のなかで一生を過ごし、

ひっそりと命をとじていった。

 

まんだら堂を出て、

隣町の逗子側に山道を抜けると、見晴らし台がある。

そこからは逗子の市街地まで一望できる。

名越山のトンネルから抜け出した電車が、

ガタゴトと音を立てて、街の中心地へと向かっていく。

生活の音が聞こえてくる。

右を向くと、海がひろがっている。

水平線に太陽の陽ざしが反射して、

きらきらとまぶしい。

生と死の、うつし鏡の世界に入りこんだなら、

この景色も、ぼんやりと透けて見えるだろうか。

石が沈黙して時代を見送ったように、

この活気づく世界もまた墓標のように沈黙している。

そこに街と人が立っている。